乳酸菌がもたらす健康

乳酸菌は昔から注目されている体の腸に良いとされる菌の一種です。
近年では乳酸菌は胃酸に影響を受けて、実は腸まで届かないという事がわかってきました。
そして腸まで死なずに乳酸菌が届くように乳酸菌を品種改良してつい腸まで届く乳酸菌が開発されました。
近年の乳製品の宣伝は体にもたらす健康に関しての宣伝ではなく、どれだけしっかりと腸まで菌が届くかという内容の宣伝になっています。
これは近年では一般常識としてこの菌の効果が浸透してきているということです。
私はまだ腸まで届かなかったとされていた菌の入ったヨーグルトをよく食べていました。
この頃から腸の状態は常に良かったですが、今思えば菌のおかげではなくてその他の食生活のバランスが取れていた為に健康を害さなかったのだと考えます。
その後腸が弱くなり持病とも言える状態になってしまったときに、腸まで届く菌が入ったヨーグルト等の乳製品が開発されました。
いち早く買いに行き毎日一個必ず食べる様にしました。
これによりみるみるうちに腸内環境が改善されたばかりか、少しの事で腸を荒らすことになっていた体質が改善しました。
この菌は腸にたくさんあれば良いという訳ではなく、悪い菌と良い菌は上手く共存し合う必要があります。
つまり良い菌で腸を埋め尽くすことになれば逆に体調が悪化してしまうということになります。
一つのヨーグルトにどれだけ菌が含まれているかは記載されていますが、私たちには食べたヨーグルトに入ってる菌がどれだけ死なずに腸まで届いてどんな作用を働きかけているのかを知る術が無いです。
悪い菌との共存を計る為にあとどれだけのヨーグルトを食べれば腸にとって一番良いとされる状態となるのかはわからないので、一日に一個以上は食べないようにする必要があります。
また毎日食べても継続しすぎると、腸にとってはその菌が毎日たくさん腸に届くのが当たり前のことだと錯覚してしまい、食べ忘れた時に必要以上に腸内環境を悪くしてしまう場合があります。
病は気からという言葉がありますが、思い込みによって脳が体の内蔵や血液に及ぼす影響はとても大きいものです。
たまには菌を摂取する日を無くして上手く活用していくことが大切です。
生きたまま届きやすい乳酸菌を摂りたい方はhttp://www.websarga.com/におすすめの商品が紹介されていますのでご覧ください。

Copyright 2013 菌の力.com All Rights Reserved.